暁のイージス4

2018/01/27

七月鏡一&藤原芳希、小学館。雑誌は潰れたが大丈夫、受け皿は確保した。そんな感じのイージス最終章、四巻目。いや安心しました。ここで引き上げということになると超ガックリだからね。うんうん。前回でまた盾が拉致られて一体どうなることやら、という感じでしたが、困ったときのジーザス頼み。悩まない分話にブレがないのがいいのか、ぶっちゃけ盾が主役のときより盛り上がる。
同時に、この薄暗い話で主役貼るには横幅が足りないんですが、ジーザスは。"蝶"の言葉に共感する流れで、つくづくそう感じました。いや、カダスに戻ってきた辺り、ジーザスさん超主役だったのですが。まぁジーザス第二章みたいな部分もあるし、この漫画。両方面白いので、まったくもって別にいいんですが。
やっぱ最終章なので、話が進むと面白いね。微妙に進んでねーだろ、って気がしないでもないですが。"蝶"も出てこないし。とはいうものの、久々に大きなお話になってきており。こっからどう進んでどう終わるか、この漫画が好きでずっと読んできた身としては楽しみです。それ以上に、細かくイージスしてる台詞回しとか、じわりとしみこんでくる人情力とか、単純にお話として面白かったので非常にグッドナイスですね。