(広尾サラブレッド倶楽部様より許可をいただき、公式サイトの情報を転載しております)
 
 
ブライトメモリー
 
16.11.23
 
UPHILL在厩。先週同様、おもに坂路にてハロン16~17秒ペースのキャンター1本を消化。週1~2回の速めを乗り込まれています。馬体重470kg(11/21測定)
 
「フィニッシュ地点でフワッと若さを見せることもありますが、道中の行きっぷりは本数を重ねる毎に良くなっており、息遣いも着々とに良化中。この分であれば、体力面での心配もなさそうですね。牧場での2ハロン速めの稽古で馬が満足してしまうようではいけませんので、入厩のタイミングとしてはちょうど良さそう。今度はトレセンのほうで、もう一段上のトレーニングを進めてもらいます。週末と入厩前にサーッと速めを乗り、いよいよバトンタッチです」(木村マネージャー)
 
 
 
 
 
 
来月一日の入厩が内定しているブライトメモリーですが、入厩に向けて今週も良いムードで調整が進められている様子。
 
その調整もいよいよ最終段階に入ってきているようで、UPHILLの坂路を駆け上がる姿もだいぶ様になってきましたね。
 
加えて、近況レポートの感じでは気の悪さを出すようなことも無さそうですから、ここまでは至って順調と見て良さそう。
 
あとは入厩後に更にハードなトレーニングを積むようになってどうか・という所ですが、現段階では「体力面での心配もなさそう」という事ですし、入厩前の下地作りに定評のある小崎厩舎の馬でもありますから、一度トレセンに入ってしまえばスムーズにデビューを迎えられる・・・と思いたいところ。
 
この辺りは入厩時期の先送りが良い効果を与えていると思いますし、入厩直前の最終調整、そしてトレセンでのトレーニングでも頑張ってもらいたいところです。